LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/神戸・六甲アイランドに全館冷凍冷蔵物流施設

2022年10月17日/物流施設

日本GLPは10月17日、神戸市東灘区で保管型冷凍冷蔵物流施設「(仮称)六甲プロジェクト」を始動すると発表した。

<「(仮称)六甲プロジェクト」完成イメージ>
20221017glp 1 520x290 - 日本GLP/神戸・六甲アイランドに全館冷凍冷蔵物流施設

「(仮称)六甲プロジェクト」はJA三井リース建物が開発する物件で、日本GLPが汎用性のある冷凍冷蔵物流施設として建物・設備や仕様を企画し開発をサポートする。10月1日に着工しており、2024年3月の竣工を予定。竣工後に日本GLPが施設を取得し、藤原運輸へ一棟全体を賃貸する。

藤原運輸は国内外の物流や3PL事業のほか、「保管+α」として商品の品質維持・管理、温度帯別管理、流通加工、梱包、ピッキングなどの多機能物流拠点を展開している。「(仮称)六甲プロジェクト」は冷凍を中心として利用し、「GLPコンシェルジュ」と連携して今後の事業拡大に向けた施設としていく。

<広域図>
20221017glp1 520x327 - 日本GLP/神戸・六甲アイランドに全館冷凍冷蔵物流施設

<周辺図>
20221017glp2 520x300 - 日本GLP/神戸・六甲アイランドに全館冷凍冷蔵物流施設

建設地は神戸港を臨む六甲アイランド内に所在。阪神高速5号湾岸線「六甲アイランド北IC」から1.1km、阪神高速3号神戸線「魚崎IC」から3.4kmに位置しており、神戸市内への配送にくわえて関西・中国地方の中間地点として利用が可能だ。

また、神戸新交通六甲アイランド線「アイランド北口駅」から徒歩圏で、沿線や周辺に住宅地や大規模商業施設が複数あることから、雇用確保の面でも優位性を備えている。

建物の倉庫区画では、防熱後の有効天井高を6.0mとし、耐荷重を2.0トン/m2確保することで、保管効率を高めた仕様とする。

BCP面では、非常用発電設備の導入、電気設備等の屋上設置など、浸水対策を講じる。環境への配慮としては、自然冷媒の採用、緑化エリアの確保、全館LED照明等で、CASBEE認証の取得を予定している。

日本GLPは、冷凍食品業界を物量が伸長し今後も安定した成長が見込めるマーケットとして認識。冷凍冷蔵の専門チームを立ち上げ、冷凍冷蔵分野における知見を集約しており、現在までに22物件(3温度帯63万m2、冷凍冷蔵20万m2)の冷凍冷蔵物流施設を開発、うち6物件には日本GLPが費用を負担して冷凍冷蔵設備の設置を行っている。

■「(仮称)GLP六甲プロジェクト」概要
所在地:神戸市東灘区向洋町東3-6-2
敷地面積:約5000m2
延床面積:約1万100m2
構造:地上4階建て、耐震 鉄骨鉄筋コンクリート造
着工:10月1日
竣工:2024年3月(予定)
認証取得:CASBEE認証(予定)

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース