LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本GLP/千葉県八千代市であらた専用物流施設竣工

2022年11月07日/物流施設

日本GLPは11月7日、千葉県八千代市で延床面積4万9317m2の物流施設「GLP八千代IV」が竣工し、同日に竣工式を実施したと発表した。

<GLP八千代IV>
20221107glp 520x345 - 日本GLP/千葉県八千代市であらた専用物流施設竣工

「GLP八千代IV」は、日用品卸企業のあらたが専用施設として一棟全体を利用。関東エリアの物流事業を担う拠点として、2023年初頭の稼働開始を予定している。

同施設は、あらたの物流センターを敷地内で建て替えるかたちで開発したもの。同敷地内で既存物件を残して開発を進めることで、事業を寸断することなくオペレーションの継続に寄与。また、既存物件で働く従業員の通勤場所が変わることなく、就業を続けることも可能にした。

建設地は国道16号線内の工業団地内で、東関東自動車道「千葉北IC」から9.4km、「花輪IC」から10.7km、東葉高速鉄道「八千代中央駅」から1.2kmに立地している。

<ブレースのない構造の倉庫内保管エリア>
20221107glp3 520x343 - 日本GLP/千葉県八千代市であらた専用物流施設竣工

<庫内自動倉庫向けエリア>
20221107glp4 520x343 - 日本GLP/千葉県八千代市であらた専用物流施設竣工

建物は、倉庫内保管エリアをブレースのない構造とすることで、全面的な自動マテハン設備の設置に対応。また、最新技術を用いた高度な物流オペレーションを実現するため、あらかじめ自動倉庫向けエリアを設定している。

エントランスの階段には健康を意識したサインを表示予定で、働く人の健康促進をサポートする。

<エントランス>
20221107glp2 520x344 - 日本GLP/千葉県八千代市であらた専用物流施設竣工

<エントランス階段>
20221107glp1 520x345 - 日本GLP/千葉県八千代市であらた専用物流施設竣工

同施設は下総台地の安定した地盤上に位置することから地震に対して強固な地盤を有しており、ハザードマップの液状化や浸水といった被害の想定外地域で、防災面でも優れた土地に開発された。

環境への配慮としては、自家消費型の太陽光発電設備を設置し、入居企業の脱炭素化に向けたサステナブルな取り組みをサポートする。

■「GLP八千代IV」概要
所在地:千葉県八千代市大和田新田
敷地面積:2万1997m2
延床面積:4万9317m2
構造:地上4階建、耐震S造
着工:2021年8月
竣工:2022年10月末
認証取得:CASBEEB+(新築)認証(予定)

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース