LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

センコー/2024年問題対応へ、千葉県市原市に新物流センター開設

2022年12月15日/物流施設

PR記事

センコーは12月15日、千葉県市原市に一般倉庫と危険物倉庫3棟を含む「京葉PDセンター」を開設したと発表した。

<京葉PDセンターの外観>
20221215503 520x230 - センコー/2024年問題対応へ、千葉県市原市に新物流センター開設

新センターは、館山自動車道「市原IC」から約4km、千葉港まで約20km、東京港、羽田空港、成田空港まで車で1時間以内の好立地にある。また千葉県内陸部の高台で地盤が固く安定した区域にあるため、洪水や土砂災害のリスクが低く、顧客のBCPニーズにも対応できる。

センコーは、千葉県市原市沿岸部で石油化学メーカーの物流を担う拠点を多数保有しているが、危険物倉庫の需要や消費地としての通販など一般貨物の需要拡大への対応が必要となっていた。また物流センターが点在しているため、輸送・積込作業を行うドライバーの労働時間も長りがちであった。

そこで新センターの開設により、危険物倉庫と一般貨物の需要増に対応し、車両駐車場の拡張と荷捌きエリアの設置などで直営車両の増強と域内ネットワークの拡大も進めていく考え。また、集荷先の集約によるドライバーの作業効率向上・待機時間短縮を図る。

また同社は新センターの開設を機に、千葉・市原沿岸エリアの物流需要拡大に応えるとともに、拠点集約による業務の効率化で、CO2排出量削減やドライバーの2024年問題にも寄与していくとしている。

■新センターの概要
所在地:千葉県市原市海保1545-2(ロジステージ市原 区画内)
延床面積:2万9799m2(普通倉庫、トラックバース、危険物倉庫3棟、事務所含む)
構造:鉄骨造 地上2階建(普通倉庫)
設備:両面バース(大型トラック30台分)、定温倉庫、垂直搬送機4基、ドッグレベラー4台、インタンク、洗車場など

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース