LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

MonotaRO/尼崎DCを12月閉鎖、より高度化した猪名川DCへ移行

2022年12月15日/物流施設

PR記事

「モノタロウ」を運営するMonotaROは12月15日、 2014年より稼働を続けてきた尼崎ディストリビューションセンター(DC)を、 2022年4月に第1期が稼働した猪名川ディストリビューションセンター(DC)へ2022年12月末に完全移行すると発表した。 効率的なオペレーション機能を持つ猪名川DCに移行することにより出荷機能を拡大し、 省コストで時間単位の価値が高い効率的な物流オペレーションを実現する。

<尼崎ディストリビューションセンター>
201403 East signboard01 520x390 - MonotaRO/尼崎DCを12月閉鎖、より高度化した猪名川DCへ移行

<猪名川ディストリビューションセンター>
20221215monotaro2 520x348 - MonotaRO/尼崎DCを12月閉鎖、より高度化した猪名川DCへ移行

同社は成長を推し進める計画の一つとして、物流拠点の拡張と効率化を進めている。 2014年稼働の尼崎DCでは、モノタロウで本格的な自動化設備を初めて導入した物流拠点。事業拡大に伴う商品点数と数量・入出荷件数の増加を見込み、当時としては新しい多層階搬送コンベアなどの設備を導入し、稼働を続けてきた。

その後、物流オペレーションをさらに効率化するため、2017年に笠間DC(茨城県笠間市)が稼働。初めて棚搬送ロボットを導入し、生産性向上が実現。 ピッキング作業の半分を占めていた「歩く時間」を削減し大きく生産性が向上した。さらに2022年4月、先端テクノロジーと配送最適化システムを持つ、高効率なオペレーションを備えた猪名川DCの第1期が計画通りに本格稼働し、尼崎DCが猪名川DCへ完全移行することで、これまで以上に多くの商品を迅速に顧客のもとへ届け、また従業員の負担を軽減し、より高度化した物流オペレーションを実現する。

なお2023年に、猪名川DCはさらに面積を拡張し、第2期稼働する予定。第2期稼働後は、免震構造を持つモノタロウ最大規模の物流拠点となる。同社は、今後も企業の間接資材調達プロセスの時間短縮・利便性向上に寄与し、「お客様へ時間という価値を提供する」ことを追求していくとしている。

■物流拠点概要
<尼崎DC>
稼働時期:2014年6月~2022年12月
所在地:兵庫県尼崎市西向島町75-1
1日あたりの出荷行数:最大6万行
延床面積:(最大時) 約4万4000m2

<猪名川DC>
稼働時期:2022年4月~
所在地:兵庫県川辺郡猪名川町差組字小谷101-1 プロロジスパーク猪名川1
1日あたりの出荷行数:(第2期稼働後) 最大18万行
延床面積:(第2期稼働後) 約19万4000m2

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース