LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

BuySell Technologies/習志野市にバイセルの物流倉庫開設

2022年12月22日/物流施設

PR記事

総合リユースサービス「バイセル」を展開するBuySell Technologiesは12月21日、国内2拠点目となる物流倉庫「習志野ロジスティクスセンター(習志野ロジ)」を2023年1月6日、千葉県習志野市に開設すると発表した。これにより、バイセルの物流倉庫の総面積は1万8842.95m2、従来比約173%に拡張する。

習志野ロジが入居するT-LOGI習志野は、東京建物が今月に竣工した物流施設。2023年3月に開業予定のJR京葉線の新駅「幕張豊砂駅」から徒歩約10分の立地にある。習志野ロジでは主に着物や骨董品の商材管理、配送を行う。

<習志野ロジスティクスセンター>
20221222baiseru1 520x328 - BuySell Technologies/習志野市にバイセルの物流倉庫開設

バイセルでは2020年6月以降、千葉県船橋市の船橋ロジスティクスセンター(船橋ロジ)にて買取後の全商品を管理してきた。買取件数の増加に加え、骨董品・レコードなどの新規商材の取り扱いも強化する中で物量が増大。同ロジスティクスセンターの増床を繰り返してきたが、中期経営計画2024に伴うさらなる事業拡大を見越して今回の2拠点化に至った。

<バイセル倉庫面積の拡大推移>
20221222baiseru2gif 520x321 - BuySell Technologies/習志野市にバイセルの物流倉庫開設

2023年1月から稼働開始する習志野ロジの面積は7933.87m2、現在の倉庫面積1万909.07m2とあわせてバイセルの物流倉庫の総面積は1万8842.95m2となり、従来比約173%に拡張する。

なおバイセルが提供する出張買取サービスは、2021年には査定の問合せ件数が約35万件、出張査定件数は約21万件と、共に過去最高となった。

■概要
名称:習志野ロジスティクスセンター
住所:千葉県習志野市芝園2-5-1 T-LOGI習志野 1F/3F

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース