LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三菱商事とENEOS/ガソリンスタンド活用し配送効率化でJV設立

2023年01月05日/SCM・経営

PR記事

三菱商事とENEOSは1月5日、ガソリンスタンド(SS)を拠点とした配送効率化事業の推進を目的とし、合弁会社(JV)を設立することに合意したと発表した。

両社は同事業において、ENEOSの全国1万2000か所超のSSネットワークを、荷物の一時保管かつ最終配送拠点として活用することで、最終配送拠点から配送先までの区間であるラストワンマイルを短縮し、配送の効率化を目指す。

<同事業の配送ネットワークイメージ>
20230105mitubisisyouji 520x297 - 三菱商事とENEOS/ガソリンスタンド活用し配送効率化でJV設立

SSは全国の多様な地域を網羅しているため、荷物配送の最終配送拠点として活用することで、大型倉庫からの直接配送に比べて必要な走行距離が削減されることが、HERE Technologies社による分析結果から示されており、ドライバーの負荷および配送コストの低減につながる。

また、車両のスムーズな出入りを前提として設計されているSSは、物流拠点に適していることから、既存のSSを拠点として活用することで、拠点整備にかかる追加費用を低減させることが可能となる。

■JV設立概要
会社名:Life Hub Network(仮)
所在地:東京都千代田区(詳細協議中)
設立年月:2023年度前半設立予定
出資比率:三菱商事 50%、ENEOS 50%
事業概要・事業構造:SSを拠点とした配送効率化事業
サービス(実証)開始時期:2023年度前半開始予定

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース