LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

トーハン/出版物流高度化へ、埼玉県に2つの物流センターを計画

2023年01月16日/物流施設

PR記事

トーハンは1月16日、出版取次事業の要である物流機能の一層の品質改善と効率化、及び 将来の流通改革への布石として、埼玉県内に2つの新規物流センターを開設、新たな物流高度化計画をスタートすることを発表した。

同社は、中期経営計画「REBORN」において、新本社の建築と跡地の収益化を図ると同時に、物流機能の品質改善と業界全体の流通効率化を実現するため、これまでに「和光センター」の新設・日本出版販売との雑誌返品協業化・大日本印刷との協業による「桶川SRC」構築などの計画を実現し、成果をあげてきた。

そして物流ネットワーク整備の第2ステージとして、2つの計画を構想。1つは雑誌返品協業化によって主たる役割を終えた「東京ロジスティックスセンター」(埼玉県加須市)を売却し残存していた倉庫機能を新たな拠点に移管させること、2つ目は経年劣化が進んでいた雑誌の発送拠点「西台雑誌センター」(東京都板橋区)と「戸田センター」(埼玉県戸田市)の2拠点を廃止し、西台社用地の収益化を図ると同時に、新たな雑誌発送拠点を開設すること。

<主要物流センターの構成>
20230116tohan1 520x210 - トーハン/出版物流高度化へ、埼玉県に2つの物流センターを計画

発表によると、新たに開設されるのは、「トーハン三芳センター」と「トーハン川口センター」(仮称)。このうち2023年7月に稼働を予定している三芳センターは、取次事業での使用に加え、トーハングループのトーハンロジテックスが進めている3PL事業の物流拠点としても活用し、グループの物流事業全体の事業戦略拠点となる。

<トーハン三芳センター 所在地>
20230116tohan2 520x188 - トーハン/出版物流高度化へ、埼玉県に2つの物流センターを計画

<外観と内観>
20230116tohan3 520x389 - トーハン/出版物流高度化へ、埼玉県に2つの物流センターを計画

また川口センター(仮称)は、西台・戸田に代わる新たな雑誌発送拠点として2024年12月にスタートする予定。雑誌流通量の推移を踏まえ、書籍や雑貨など様々なパッケージ型商材にも対応できるフレキシブルな物流拠点として構築する。なお、同センターの立地は凸版印刷の「川口工場」と隣接しているため、雑誌製造・流通の効率化に向けた連携について2社間で検討を開始している。

<トーハン川口センター(仮称)>建設予定地
20230116tohan4 520x271 - トーハン/出版物流高度化へ、埼玉県に2つの物流センターを計画

■新センターの概要
【トーハン三芳センター】
所在地:埼玉県入間郡三芳町大字藤久保1124-1
延床面積:11153.7m2(3374坪)2階建
稼働予定:2023年7月
主要業務:採用品業務、マルチメディア商品の在庫管理など

【トーハン川口センター】(仮称)
所在地:埼玉県川口市(設計検討中のため、住所・面積は未定)
稼働予定:2024年12月
主要業務:雑誌(週刊誌を含む)発送業務など

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース