LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ESR/福岡県朝倉市で7.0万m2の物流施設、契約率8割以上で竣工

2023年01月16日/物流施設

PR記事

ESRは1月16日、福岡県朝倉市一木の敷地面積4万266m2(1万2181坪)、延床面積7万724m2(2万1394坪)の3階建てマルチテナント型物流施設「ESR福岡甘木ディストリビューションセンター」(福岡甘木DC)が2022年12月27日に、契約率80%以上で竣工したと発表した。

<ESR福岡甘木ディストリビューションセンター(左に大分自動車道、大分方面を臨む)>
20230116esr1 520x264 - ESR/福岡県朝倉市で7.0万m2の物流施設、契約率8割以上で竣工

「福岡甘木DC」はESRとしては九州第1号、全国では28件目の竣工プロジェクトとなる。

「福岡甘木DC」は、大分自動車道および県道33号線沿いにあり、大分自動車道の「甘木IC」から約1.7km(車で約4分)、大分自動車道と九州縦貫自動車道(九州自動車道)、長崎自動車道や国道3号など、九州の東西南北を結ぶ交通結節点で九州の物流の要所である「鳥栖JCT」から約14km(車で約14分)にあり、鳥栖エリアのサブマーケットと位置付けられ九州全域への配送を網羅できる好立地。

また、JR博多駅、福岡空港、博多港まで車で40分圏内と、陸・空・海の輸送インフラも整っており、食品配送、輸出入貨物、在庫拠点、e-コマースなど幅広いニーズに対応可能だ。

施設は物流運営の効率性と汎用性を重視した設計を行っている。45フィートのコンテナトラック対応の上り下り専用スロープにより2階まで直接アクセス可能で、1階はクロスドックにも対応できるよう両面バースを設け、2階は雨天に影響を受けずに入出庫が可能な中央車路方式を採用した。敷地内にはトラック待機場20台を備えている。

また、下りスロープの天井に遮音・遮光パネルを設けるなど周辺に配慮した対策も行っている。倉庫について、1階は作業効率の高い最大約6800坪のワンフロアオペレーションタイプとし、2階-3階は保管効率の高いメゾネットタイプで、荷物用エレベーター8基と垂直搬送機4基を標準装備し高い縦搬送能力を備えている。

床荷重は1階:2.0t/m2、2-3階:1.5t/m2、梁下有効高は1-2階:6.5m、3階:5.5m~7.5m、柱ピッチは間口11m×奥行10.2mを確保。また、高圧電力の提供により、ロボティクス、冷蔵冷凍、倉庫内空調など、テナント企業の多種多様なニーズに応えることができる。

そして、ESRは基本理念「HUMAN CENTRIC DESIGN.(人を中心に考えたデザイン)」に基づき、同社施設で働くすべてのワーカーにとって快適で安全性の高い職場環境・サービスの提供に力を注いでいる。

<3階のラウンジ1>
20230116esr2 520x312 - ESR/福岡県朝倉市で7.0万m2の物流施設、契約率8割以上で竣工

<3階のラウンジ2>
20230116esr3 520x264 - ESR/福岡県朝倉市で7.0万m2の物流施設、契約率8割以上で竣工

「福岡甘木DC」ではワーカー用の休憩ラウンジを3階に2か所設置し、トイレは人感センサーに加え自動洗浄機能も完備、非接触型カードリーダーの導入や換気の重要性を考慮した設備など、新型コロナウイルス等の感染拡大防止に配慮した施策も積極的に導入している。また、建物のエントランス前にスロープ設置と優先駐車スペースを確保し、館内にもバリアフリートイレなどバリアフリー設備を備え、車いすユーザーや障がいのある人にも配慮している。さらに、ドライバーが利用できる休憩室、喫煙室、トイレ、シャワー室も完備。

<エントランスホール>
20230116esr4 520x312 - ESR/福岡県朝倉市で7.0万m2の物流施設、契約率8割以上で竣工

<隣接する土地を取得し普通自動車用の駐車場を325台用意>
20230116esr5 520x312 - ESR/福岡県朝倉市で7.0万m2の物流施設、契約率8割以上で竣工

<ドライバー用の休憩室(正面)、喫煙所(奥右)トイレ、 シャワー室2基(手前右)も完備>
20230116esr6 520x312 - ESR/福岡県朝倉市で7.0万m2の物流施設、契約率8割以上で竣工

土地の記憶を残すために、2か所のエントランスホールは本計画地で採取された土を焼成して作ったレンガを使用した空間デザインにした。また、以前に敷地内で使用されていた井戸も移設し、植栽管理に再利用。ワーカーの主な通勤手段は自家用車であるため、隣接する土地を駐車場用地として取得し、敷地内と合わせ325台の駐車場(内、優先駐車スペース1台)を用意し、通勤の利便性をサポートする。周辺にはコンビニエンスストア、飲食店、ショッピングセンターが揃っており、最寄りバス停から徒歩3分と公共交通機関を利用した通勤も可能で、入居企業の人材確保・人材定着率の向上にも寄与するとしている。

さらに、環境面では、ESG(環境・社会・ガバナンス)を経営の核とし、持続可能な社会の実現のために、2025年までに達成すべき目標や重要課題を特定した「ESG2025 ロードマップ」の戦略に沿ってESGへの取組みを推進し、ESGに関する国際イニシアティブにも積極的に参画。2022年6月に国連責任投資原則(PRI)の署名機関となるなど、ESR グループ全体でサステナビリティ経営の高度化を進めており、持続可能な物流施設・データセンターの開発に積極的に取り組んでいる。

「福岡甘木 DC」は全館LED照明、トイレ・共用部の人感センサーなど環境配慮型照明システムを導入し、断熱性能の高いサンドイッチパネル、ヒートポンプ式空調、井戸水の緑地散水への活用など省エネに十分配慮した計画とし、CASBEE A ランク、BELS5 スター、ZEB(太陽光含め 232%削減)認証を取得している。

災害・火災に強い施設としても特色を持っている。「福岡甘木DC」の建物は座屈拘束ブレースを採用したS造の耐震構造で、地盤面の十分な嵩上げを行うことで豪雨による浸水被害リスクを極力抑えるなど、地震・水害にも強い施設といえる。火災対策として、1階の倉庫中央部に排煙用可搬式送風機、3階倉庫屋根部に排煙用トップライトも設置する。

BCP(事業継続計画)対策として、非常用自家発電機を備え、停電時でも防災センターと一部の荷物用エレベーター、2階トラックバース前電動シャッター、トイレ等が24時間以上使用可能な保安用電源を確保できるようにしている。また、3階ラウンジには災害等で停電になった際には人的操作で自販機内の商品を搬出することができる災害救援自販機を導入した。他、館内にAEDを設置し、人命救助措置を行えるようにもしている。

<位置図>
20230116esr7 520x332 - ESR/福岡県朝倉市で7.0万m2の物流施設、契約率8割以上で竣工

■概要
名称:ESR福岡甘木ディストリビューションセンター
所在地:福岡県朝倉市一木59-4
敷地面積:4万266m2 (1万2181坪) 
延床面積:7万724m2 (2万1394坪)
構造:地上3階建 S造耐震構造  
用途地域:準工業地域  
工事期間:2021年11月1日~2022年12月27日
総投資額:約125億円  
基本計画:ESR 武田諭・落合亮太   
設計・施工:前田建設工業
アクセス:(車) 大分自動車道「甘木IC」より1.7km/大分自動車道・九州自動車道・長崎自動車道「鳥栖JCT」より14km (電車)甘木鉄道・西日本鉄道「甘木駅」より約2.3km (バス)甘木観光バス「金川道」停留所下車徒歩3分 久留米市へ21km/JR博多駅へ42km/福岡空港へ38km/博多港へ43km

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース