LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

MTS/フォークリフトでICタグ検知、倉庫作業を効率化

2023年01月17日/IT・機器

PR記事

RFID/バーコード・2次元コードなど自動認識システムの企画・開発・製造・販売を行うマーストーケンソリューション(以下、MTS)は1月17日、 フォークリフトにUHF帯RFIDリーダライタを搭載し、庫内作業を効率化する「UHFフォーク」システムの販売を開始すると発表した。

<「UHFフォーク」システムイメージ図>
20230117mts2gif 520x179 - MTS/フォークリフトでICタグ検知、倉庫作業を効率化

<構成機器>
20230117mts3gif 520x143 - MTS/フォークリフトでICタグ検知、倉庫作業を効率化

HFフォークは、UHFフォークは車載端末(専用パソコン)、UHF帯RFIDリーダライタ、アンテナ、取付治具で構成される。UHF帯ICタグの自動読み取りで荷物の番号とロケーションを紐づけ、フォークマンに負担をかけることなく効率的な管理を実現する。 現場の負担を軽減するとともに、ロケーション管理の精度を向上させ、倉庫作業を省力化し、業界の深刻な人手不足解消に役立つ。

従来、ハンディターミナルを使った作業の場合、ピッキングの際に都度フォークリフトから降りる必要があり、ハンディターミナルの画面が小さいため操作性も低く、都度の充電や機器管理にも手間がかかっていた。導入後は、車載端末からのピッキング情報を確認し、フォークリフトから降りることなく作業を行えるようになり、パレットの取り違え防止にも効果を発揮する。

<導入イメージ>
20230117mts1 520x247 - MTS/フォークリフトでICタグ検知、倉庫作業を効率化

また、フォークリフトの実際の稼働状況などはリアルタイムな把握が難しく、効率よく指示することが困難だったが、UHFフォークシステムを導入することで、フォークリフトの稼働状況・入出庫情報をリアルタイムに把握でき、管理者が出荷状況を把握しながら効率的な配送管理を行うことができる。

■紹介動画

<UHFフォークシステムの詳細はこちら>

■問い合わせ
マーストーケンソリューション
担当:営業企画室 小方(おがた)
Tel:03-3352-8560
E-mail:info@mars-tohken.co.jp

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース