LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

山九/大阪府に関西最大級の機能性化学品専用倉庫を開設

2023年05月17日/物流施設

山九は 5月17日、大阪府高石市に関西最大級の機能性化学品専用倉庫「山九関西ケミカルセンター」を開設したと発表した。

<山九関西ケミカルセンター>

20230517sankyu1 520x347 - 山九/大阪府に関西最大級の機能性化学品専用倉庫を開設

20230517sankyu2 520x347 - 山九/大阪府に関西最大級の機能性化学品専用倉庫を開設

20230517sankyu3 520x347 - 山九/大阪府に関西最大級の機能性化学品専用倉庫を開設

20230517sankyu4 520x347 - 山九/大阪府に関西最大級の機能性化学品専用倉庫を開設

同倉庫は、消防法危険物第1類、2類、4類、5類、毒劇物と多様な貨物に対応しており、うち4棟は温度管理品の取り扱いも可能。雨天時のオペレーションを効率化する大型庇を備え、海上コンテナ作業にも対応できる高床式倉庫も1棟設置、医薬品や電子部品材料、リチウムイオン電池など幅広い貨物をターゲットとしている。

阪神港や関西国際空港からの良好なアクセスを活かし、輸出入貨物のストックポイントとしての活用も提案する。さらにBCP対策を徹底しつつ、人感センサの設置やこのタイプの倉庫では珍しく温度管理倉庫に天井を設置するなど省エネ化も進めている。

路面には耐久性を向上させつつCO2削減にも貢献できる廃PET入りのアスファルト舗装を採用し、油水分離槽を備え雨水・排水に含まれる油が海に放流することを防止するなど環境にも配慮した設計となっている。

現在同社は鹿島、千葉、四日市、兵庫、周南、北九州、大分の7か所で総延床面積約1万4800m2の機能性化学品倉庫を運営しているが、今回の開設により国内 8か所合計2万2800m2を保有することとなる。

■倉庫概要
名称:山九関西ケミカルセンター
所在地:大阪府高石市高砂2-1
開設日:2023年5月16日
敷地面積:約2万7248m2
倉庫面積:8000m2(1000m2/棟×8棟)
対応危険物:消防法第1類、2類、4類、5類
設備:温度管理倉庫4棟 温度帯 2℃~25℃、定温機能
アクセス:大阪港まで高速で約20分、関西国際空港まで高速で約20分
設計:大建設計
施工:三和建設、ダイキンアプライドシステムズ

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース