LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





大和物流/中部地区の統括配車センターを開設

2024年01月09日/3PL・物流企業

PR記事

大和物流は1月9日、輸配送事業を強化していくため、愛知県にある物流センター3拠点の配車業務を集約した「中部統括配車センター」(名古屋市港区)を1月5日に開設したと発表した。

<中部統括配車センター>
20240109daiwabutsuryu 520x345 - 大和物流/中部地区の統括配車センターを開設

<従来の運用形態と今後の運営形態>
20240109daiwabutsuryu1 520x220 - 大和物流/中部地区の統括配車センターを開設

同センターは、中部地区(愛知、静岡、岐阜、三重)の輸配送業務を統括コントロールする組織として開設。

地区全体の貨物情報と車両情報を集約・共有しながら、地区全体の配車業務を実施する。当初は愛知支店・名港支店・岩倉営業所の3事業所の配車業務を集約し、順次、対象事業所を拡充していく計画だ。

<マルチディスプレイで情報を表示>
20240109daiwabutsuryu2 - 大和物流/中部地区の統括配車センターを開設

<ネットワークカメラで確認できる各物流センターの映像>
20240109daiwabutsuryu3 520x147 - 大和物流/中部地区の統括配車センターを開設

同センターでは、デジタル配車簿(自社開発システム)や、動態管理ツール、ネットワークカメラ、バース管理システム、WEB会議システムなど、さまざまなDXツールを活用することで、各物流センターの作業進捗に応じた配車計画の調整や車両誘導業務などの円滑な対応を可能にしている。

これまで、同社では物流センターの作業進捗との連携を重視するため、各物流センターに担当者を配置し、拠点ごとに配車業務を実施してきた。その結果、配車業務の属人化、配車担当者への業務負荷の偏り、各拠点の個別最適化が進むといった課題を抱えていたことから、課題の解決に向けて配車簿をデジタル化し、情報共有や業務標準化の推進、動態管理システムの活用など、配車業務のDX化に取り組んできた。

統括配車センターでは、各種DXツールを活用することで、各物流センターのオペレーションとの円滑な連携を維持しながら、配車情報を集約し、調整を行うことで、地区全体として輸配送の効率化に向けた取り組みを進める。

なお、統括配車センターの取り組みは、2023年7月から関東エリアで「北関東統括配車センター」(埼玉県三郷市、三郷物流センターII内)として試験的に開始しており、今後は関西エリアへも展開を計画している。

■「中部統括配車センター」概要
所在地:名古屋市港区潮凪町1-3
TEL:052-364-6361
人員:6名
開設:1月5日

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース