LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





日本郵船/JERAと新造液化天然ガス輸送船1隻の長期定期傭船契約

2024年01月31日/3PL・物流企業

PR記事

日本郵船は1月31日、JERAと新造液化天然ガス(LNG)輸送船1隻の長期定期傭船契約を締結したと発表した。

この船は韓国の現代三湖重工業で建造され、2027年に竣工した後、JERA向けのLNG輸送に従事する予定。日本郵船はJERAとのパートナーシップのもと、LNGの安定供給に貢献するとともに、中核事業としてLNG事業への取り組みを強化・推進するとしている。

主機関に燃料油とボイルオフガス(航行中にカーゴタンク内で気化したLNG)を利用する、次世代二元燃料低速ディーゼル機関「X-DF2.2 iCER」や、余剰ボイルオフガスを有効に利用する再液化装置を搭載する。カーゴタンクは容量17万4000m3のメンブレン型で、優れた防熱性能をもつタンク方式を採用することで効率的で経済的な輸送を実現する。

JERAとLNG輸送船の定期傭船契約を締結するのはこの船で11隻目となる。23年3月に発表した中期経営計画で不定期専用船事業を中核事業と位置付けており、26年度までにLNG輸送船建造に3000億円の投資を行う計画を推進するとしている。

■船の概要
積載容量:約17万4000m3
全長:約289.9m
全幅:約46.1m
主機関:X-DF2.2 iCER
造船所:現代三湖重工業(韓国)
竣工予定:2027年

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース