LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ギオン/SC相模原などとフードドライブ推進へ 保管や配送で協力

2024年06月20日/3PL・物流企業

ギオンは6月20日、スポーツクラブ(SC)相模原、NPOフードコミュニティと協力し、神奈川県相模原市での食品ロス削減と有効活用を進める「ジモトアイプロジェクト:フードドライブ推進パートナー協定」を締結したと発表した。

「フードドライブ」とは、家庭で余っている食品を集めて生活困窮者支援団体や福祉施設、子ども食堂などへ寄付する活動。物流企業が地元のプロサッカークラブ、ボランティア団体と協力して取り組む形だ。

<SC相模原、ギオン、フードコミュニティが協定締結>20240620gion1 - ギオン/SC相模原などとフードドライブ推進へ 保管や配送で協力

相模原市では、SC相模原がフードコミュニティと連携し、ホームゲーム会場で未開封の余剰食品を回収、地元の団体や子ども食堂に提供する活動を行ってきた。

ところが扱う物量が多くなるにつれ、食品の保管や配送コストも上昇し、活動の維持・拡大が難しくなってしまっていた。

そこで関わることになったのが、SC相模原のトップパートナーだったギオンだ。

<ギオンは食品の保管や配送業務で協力>20240620gion - ギオン/SC相模原などとフードドライブ推進へ 保管や配送で協力

ギオンは、総合物流企業としての業務を活かし、食品・食材の回収、倉庫の提供と保管、トラックなど運送手段の提供、福祉施設や子ども食堂への配送・配布、配布会場の提供を担う。

企画や運営業務は、フードコミュニティが担当。またSC相模原は、相模原ギオンスタジアムでファンサポーターから食品・食材を受け付け、一時的な回収と保管をし、選手やマスコットキャラクターがイベントに参加するなどして啓発と情報発信も行う。

協定締結により、この取り組みをSC相模原が推進する「ジモトアイプロジェクト」の一環と位置付け、ファンサポーターの協力も得ながら、地域への啓発活動を行うことで取り組みの輪を広げ、食品ロス問題の解消、子育て世帯や生活困窮世帯への食を通じた支援につなげる。

6月22日(土)にはSC相模原のホーム試合で協定締結を発表、フードドライブ受付ブースも設置する予定。

 

関連記事

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース