LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ゴーガ/配達員の現在地が見えるマップシステムを提供開始

2024年07月05日/IT・機器

地図や位置情報を活用したシステム開発を行うゴーガは7月5日、配達員の現在地が見えるマップシステム「GOGA Tracker for Delivery」を提供開始した。

このシステムは、Googleが提供する「Google Maps Platform モビリティーサービス」を活用し、配達員の現在地をGoogleマップ上に表示することができるプロダクト。

ユーザーは、画面上でリアルタイムに配達状況、配達予定時間などを確認することができる。

<ユーザー(注文者)画面イメージ>
0705goga2 - ゴーガ/配達員の現在地が見えるマップシステムを提供開始

<ドライバーアプリ画面イメージ>
0705goga3 - ゴーガ/配達員の現在地が見えるマップシステムを提供開始

また、配達員のスマートフォン用のドライバーアプリには、配送場所までのルートが表示される。ナビゲーション機能も同一アプリ内で利用でき、配達員のスキルや経験値といった属人化を解消し、配達業務を効率化できるのがポイントだ。

商品到着までのストレス軽減と安心感を提供できるプロダクトとして、ゴーガでは飲食宅配業界をはじめ様々な業界への導入を目指している。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース