LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ラピュタロボティクス/革新的な自動倉庫をアメリカ市場で展開開始

2024年07月10日/IT・機器

ラピュタロボティクスは7月10日、既に日本市場で複数社に採用が決定し、導入が進んでいる革新的な自動倉庫ソリューション「ラピュタASRS」の米国での販売を開始すると発表した。

<自動倉庫「ラピュタASRS」>
20240710rapyuta1 - ラピュタロボティクス/革新的な自動倉庫をアメリカ市場で展開開始

<自動倉庫「ラピュタASRS」ピッキングの様子>
20240710rapyuta2 - ラピュタロボティクス/革新的な自動倉庫をアメリカ市場で展開開始

自動倉庫「ラピュタASRS」の主な特徴は、 1. FRP(強化ガラス繊維プラスティック)のモジュラー構造により拡張柔軟性のある構造体、 2. 圧倒的な生産性と保管効率 ー 最大10倍の生産性と2.5倍の保管効率「マニュアルピッキング(一般的な軽量棚の空間容積率13%、1時間あたり60行/人)との比較」、3. 免振設計による堅牢性、 4. これまで培ったロボット技術としての群制御AIや自動バッテリー交換システムとしている。

全世界的に物流業界では、人件費の高騰、離職率の高さ、迅速な注文処理の需要、在庫量の変動が課題となっており、米国もその例外ではない。業界としては、これらの課題に対応をしながら、サステイナブルで汎用的なビジネスを維持する必要がある。

ラピュタロボティクスは、これらの業界課題に対応するために、豊富な物流ロボティクスの経験を活かしてラピュタASRSを開発し、先行して日本で展開を進めており、今般アメリカでの販売開始を決めたもの。この画期的な自動倉庫ソリューションは、大掛かりで導入のハードルが高い物流DXの分野で、柔軟で簡単に導入でき、既存の倉庫オペレーションにシームレスに統合することが可能で、ダウンタイムを最小限に抑えながら投資対効果を最大化することができる。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース