ショーエイコーポレーション/4-9月の売上高13.9%減、営業利益79.4%減

2010年11月10日 

ショーエイコーポレーションが11月10日に発表した2011年3月期第2四半期業績によると、売上高40億5700万円(前年同期比13.9%減)、営業利益3300万円(79.4%減)、経常利益3100万円(77.5%減)、当期利益1000万円(84.2%減)となった。

セグメント別では、パッケージ事業で、低価格帯の販売が売上の中心となり、一案件当たりの金額が低下。さらに競争の激化により大口の既存顧客への販売が低調となったことから前年同期を僅かに下回る結果となった。当事業の売上高は28億5400万円(2.2%減)となった。

メディアネットワーク事業では、封入・封緘の取扱通数が緩やかな回復基調ながら、大口得意先による物流費圧縮等の経費削減がこれまで以上に大きく、物流の取扱通数が激減した。当事業の売上高は12億200万円(33.0%減)だった。

通期の業績予想は、売上高83億円(9.9%減)、営業利益1億2400万円(59.7%減)、経常利益1億1400万円(58.7%減)、当期利益5100万円(61.1%減)の見通し。

最新ニュース

物流用語集