コカ・コーラセントラル/SCM戦略でコスト改善

2011年02月15日 

コカ・コーラセントラルジャパンは2月15日に発表した2010年12月期決算で、生産・物流面について、コカ・コーライーストジャパンプロダクツを中心としたSCM体制の強化を図り、生産性の向上によるコスト削減に努めたとしている。

経営管理では、収益の柱であるベンディング事業におけるルート最適化やオペレーション体制の改革、「SCM戦略」においてはコカ・コーライーストジャパンプロダクツと関東4ボトラーとの協働取り組みの推進により、大きなコスト改善効果を得ることができたという。

次期についても、関東SCM体制の効率的な運用等によるコスト削減に取り組むとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集