日立製作所/中国で発電設備関連機器の生産体制強化

2011年05月26日 

日立製作所は5月26日、今後の高い電力需要が期待される中国、インド、アセアン諸国での発電設備の受注拡大を目的に、中国遼寧省大連市の発電設備関連機器製造子会社の生産体制強化を決定した。

日立は、大連日立機械設備(以下、大連日立)を遼寧省大連市が開発を進めている普湾新区三十里堡臨港工業区に2011年7月から移転を開始するとともに、生産品目の拡大や生産効率向上に向けた設備投資を行い、中国での発電設備関連機器の生産体制を強化する。

今回の三十里堡臨港工業区への進出は、外資系企業として初めて。今後、大連日立の建屋・製造設備を段階的に移設して新工場を立ち上げ、最終的には2016年に移転が完了する予定。

■大連日立の概要(2011年5月時点)
社名:大連日立機械設
所在地:遼寧省大連市甘井子区海北路2号
設立年月:1997年5月21日
事業概要:発電用設備、石油・天然ガス・石油精製生産設備、火力発電用脱硫・脱硝設備、鋳造製品等の設計、製造、販売およびそれらの関係業務。
従業員数:約650名
資本金:2900万米ドル(日立(中国)有限公司100%出資)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集