エコ配/集配に軽の電気自動車導入

2012年06月25日 

エコ配は、CO2排出量ゼロの宅配便事業の実現(完全エコ化)に向けて、電気自動車(以下 エコカー)を導入することを決定した。

三菱自動車の軽商用電気自動車「ミニキャブMiEV」を7月上旬に導入し、東京都港区を中心に1台の試験運用を行う。

自動車コースのうち、自転車化が困難なコースについて、順次、電気自動車に切り替えていき、中長期的には全車両をエコカー化する予定。

エコ配は、CO2排出量がほとんどない自転車配送を主力の配送手段としている。自動車、バイクを用いざるを得ないコースについては、その排出量に対応するCO2排出権を購入し、実質CO2排出量ゼロを実現している。そして、中長期的には完全にCO2排出をしないカーボンニュートラルな宅配便事業の実現を目指している。

最新ニュース

物流用語集