LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

山九/ヘルメット装着型COセンサー、共同開発

2013年07月24日/IT・機器

山九は7月24日、光明理化学工業とヘルメット装着型で光・振動・音によるアラーム方式のCOセンサー「TPA-8000」を共同開発したと発表した。

<TPA-8000>
20130724sankyu - 山九/ヘルメット装着型COセンサー、共同開発

TPA-8000は、センサーをヘルメットのつば部分にとりつけることで、顔に近い位置の正確なCOガス濃度を測定することが可能。

COガス感知時はLEDライトの点滅と色、バイブレーター、音の3 種類でCO濃度をアラームし、本人含め周囲の人間が即座に状況を把握できるようになる。

電源面は環境に配慮し、USB充電式のバッテリーを採用したことで、稼働時間は3000時間を実現した。

その他、従来型に比べ防水性、防塵性、防熱性にも優れ、価格面でも低価格での提供を予定している。

■製品概要
形式:TPA-8000
検知対象ガス: 空気中の一酸化炭素
重量:約50g
寸法:120mm×13mm×40mm
電源:リチウムポリマー充電池
充電時間:約3 時間
稼働時間:満充電後、無警報状態で使用の場合約3,000 時間
使用環境:温度-10~50℃ 、湿度15~90%RH
備考:特許出願済( 特願2013-103304)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース