TNTエクスプレス/エクスプレスフレイトサービスを拡大

2013年12月16日 

TNTエクスプレスは12月16日、大陸間エクスプレスフレイトサービスを拡大し、新たに欧州以外の10か国を追加して、世界80か国を対象エリアとすると発表した。

エリアの拡大には、特に北米の主要なビジネス地域が含まれるほか、中東や南米に貨物を輸送する顧客の利便性がより一層向上するとしている。

エクスプレスフレイトサービスは、同日集荷、ドア・ツー・ドア配送、そして最大500キログラムまでのパレット貨物を1日から3日間で輸送するサービスのほか、日付と時間指定配送、通関手続き、集荷から配達までのトラッキングを含む、TNTのエクスプレス・サービスに含まれるあらゆるサービスを提供する。

多くの輸送会社が中東向けの緊急の貨物配送サービスを提供していないことから、ニーズを持つ顧客にとって魅力的なものとなる。

数年、積極的に取り組んでいる北米市場では、ニューヨーク、ワシントンDC、アトランタ、ハートフォード、シカゴ、フィラデルフィア、ポートランド、トロント、モントリオール、オタワのビジネス地域を新たに対象エリアに追加した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集