LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

帝国データバンク/物流・保管施設の候補地、埼玉県がトップ

2014年09月01日/調査・統計

帝国データバンクは9月1日、民間企業の新たな拠点や設備を整備する計画、可能性がある企業2946社を抽出し、投資予定の施設や地域・金額のほか、投資にあたって重視する条件について調査・集計し発表した。

物流・保管施設の設置・移転意向がある企業に、候補となる地域をたずねると、「埼玉県」の53社(構成比12.5%)がトップとなった。以下、「愛知県」の45社(10.6%)、「大阪府」の40社(9.5%)が続く。

上位には製造拠点や港湾を抱える地域や、人口が多い消費地など、集配面で優位な地域が顔を揃えた。

「物流・保管施設」の平均投資額では8.0億円で、工場の9.4億円と並んで大規模な投資を行うことでスケールメリットを発揮することを想定している。

重視する条件では、「交通利便性」と回答した企業が175社(41.4%)で最多となった。施設の特性上、要衝をおさえる必要があることは当然と言える。また、「得意先の立地状況」や「消費地までの距離」が比較的上位にあることも、短納期を実現するための条件としている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース