阪急阪神エクスプレス/インドネシアに倉庫建設

阪急阪神エクスプレス、阪急電鉄、阪神電気鉄道の阪急阪神ホールディングスグループは2月9日、3社が共同で設立した現地法人、阪急阪神ロジスティクス インドネシアがジャカルタ近郊に物流倉庫を建設すると発表した。

<完成イメージ>
20150209hankyu1 500x240 - 阪急阪神エクスプレス/インドネシアに倉庫建設

<位置図>
20150209hankyu2 500x367 - 阪急阪神エクスプレス/インドネシアに倉庫建設

着工は3月、2016年1月からの運営開始を予定している。

国際輸送事業の規模拡大に向けて、アセアン地域内でも成長著しいインドネシアで、自社グループ施設として効率的で機動的に利用できる物流拠点を設けるもの。

一貫した物流ネットワークの充実と、顧客ニーズに応じた高品質なロジスティクスサービスを実現する。

また、阪急電鉄と阪神電気鉄道は、このプロジェクトを景気として、アセアン地域での不動産事業に関する情報収集、事業機会の探索等を強化していく。

■施設概要
所在地:インドネシア西ジャワ州ブカシ県MM2100工業団地
敷地面積:1万8210㎡
延床面積:1万1855㎡(鉄筋コンクリート造、平屋造)
主要設備:接車バース12か所(ドックレベラー12基)、低温設備
主な取扱商材:自動車部品関連、医療機器、電子部品、日用品

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集