山大/宮城県石巻市にウッド・ミル第2工場建設

2015年03月11日 

山大は3月11日、宮城県石巻市にウッド・ミル(国産材製材工場)の新工場を新設すると発表した。

ウッド・ミル(国産材製材工場)第2工場の新設により、製材工程が、更に合理的になり、原材料の有効活用や効率的な生産により製造原価を抑えることができる。

「地産地消」となる地元国産材を使用することにより、関連する事業者と地域経済の活性化に資する事業で、その製品を自社プレカット工場の原材料とし、プレカット製品の価格競争力や品質の安定等を確保し、今後のプレカット事業展開の他社との差別化をすることができると判断し、工場の新設を決定したもの。

■概要
名称:ウッド・ミル(国産材製材工場)第2工場(仮称)
所在地:宮城県石巻市潮見町14-14
敷地面積:4万㎡
建物:2589㎡
生産能力(原木消費量):4万8000立方m/年
着工予定時期:2015年8月
完成予定時期:2016年4月
操業開始予定時期:2016年4月
投資予算:17億8772万4000円(土地4億5223万円、建物・機械外13億3549万4000円)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集