宇部興産/ホワイト物流の自主行動宣言、長距離輸送を削減

2019年09月27日 

宇部興産は9月25日、国土交通省・経済産業省・農林水産省が提唱する「ホワイト物流」推進運動に賛同し、「ホワイト物流」推進運動事務局に自主行動宣言を提出した。

同社の取り組み内容では、パレットを活用し、荷役作業負担の軽減、荷役時間の削減を行う。

トラック運転者の拘束時間を短縮するため、グループ企業との共同集荷や共同配送を進めるとともに、物流事業者から集荷・配送方法の見直しについて相談があった場合は、真摯に協議に応じる。

倉庫等の物流施設の増設・レイアウト変更等を行い、長距離輸送を削減する。

構内輸送時と荷役作業時の危険要因を抽出し、作業手順マニュアル作成や協力会社への安全教育を通じて、安全の確保を図る。

台風、豪雨、豪雪等の異常気象が発生した際やその発生が見込まれる際には、無理な運送依頼を行わない。

また、運転者の安全を確保するため、運行の中止・中断等が必要と物流事業者が判断した場合は、その判断を尊重する。

同社では、2007年からグループの物流改善活動として、「物流効率化プロジェクト」を発足し、共同輸送やモーダルシフトなど様々な施策を実行してきている。

2016年からは新たに「グループ物流効率化連絡会」を設置し、顧客・取引先や協力会社との連携強化、輸送効率化などに取組んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集