日通/中国・太倉経由の欧州発日本向けRAIL&SEA複合輸送開始

2020年02月19日 

日本通運は2月19日、中国欧州間クロスボーダー鉄道輸送を利用した、中国・太倉経由の欧州発日本向けRAIL&SEA複合輸送サービス「NEX OCEAN-SOLUTION CHINALAND BRIDGE EJ(Europe・Japan)」を開始した。

<欧州~日本まで26~28日で輸送可能に>

欧州のドイツ・ハンブルグとデュイスブルグ、ポーランド・マワシェビチェから中国・西安までの鉄道輸送と、太倉港から日本の主要港(東京・横浜・名古屋・大阪・神戸)までの海上輸送を組み合わせた複合一貫輸送サービス。

欧州の各鉄道ターミナルから日本の主要港までのリードタイムは26~28日と、ALL-WATERでの海上輸送(約40日)に比べ、大幅に短縮される。

また、従来の欧州発中国・大連系由のRAIL&SEA複合輸送サービスと比べ、リードタイムが1週間短縮され、輸送コストも約40%安価になる。

欧州各鉄道駅から西安駅への列車は週2便で定期運行されており、海上輸送との接続にも柔軟に対応できる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集