上組/広島県福山市の事業所で従業員2名が新型コロナ感染

2020年04月14日 

上組は4月14日、広島県福山市の同社事業所で従業員2名が新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表した。

1名は4月3日に発熱後、経過観察を行っていたが、発熱が続いたことから、4月7日に病院・保健所から紹介された医療機関でPCR検査を実施した結果、4月8日に陽性反応が確認された。

もう1名は、上記感染者の濃厚接触者として4月8日夕方から自宅待機となり、同日夜に発熱したことから、4月9日にPCR検査を実施した結果、4月10日に陽性反応が確認された。

なお、従業員2名の濃厚接触者については特定されており、現在自宅待機中。また、当該従業員が勤務していた事業所では、保健所指導のもと消毒作業を実施済であり、近隣店所からの応援体制を確立し、営業を行っている。

上組では、全社対応として、時差出勤の活用、在宅勤務の一部実施、マスク着用、消毒作業の実施、TV会議や電話会議の活用、出社前の検温実施、37℃以上の場合自宅待機、県外への出張や関係先への訪問の自粛、事務所の分散などを行っている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集