三菱倉庫/大阪府茨木市の物流施設で新型コロナ感染者

2020年04月21日 

三菱倉庫は4月20日、大阪府茨木市内の物流施設に勤務するグループ会社の社員1名に、新型コロナウイルスの感染を確認した。

同社員は、発熱等の症状がみられたため、4月18日に医療機関を受診。PCR検査の結果、陽性反応が確認された。現在は容体が安定しており、保健所の指示に従い療養している。

なお、同施設では消毒作業を完了しており、従業員に濃厚接触者がいないことも確認済み。感染者と一定時間以上の接点があった従業員に対しては、健康観察を実施している。

最新ニュース

物流用語集