LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/四国電力向け石炭運搬船が橘湾発電所に初入港

2020年05月18日/IT・機器

商船三井は5月18日、四国電力向けの石炭専用船「TACHIBANA II(たちばなII)」が、豪州ニューキャッスル港で石炭を積載し、徳島県阿南町の橘湾発電所に初入港したと発表した。

<TACHIBANA II>
20200518mol - 商船三井/四国電力向け石炭運搬船が橘湾発電所に初入港

TACHIBANA IIは、2000年の竣工以来約20年にわたり四国電力向けの石炭輸送に従事したTACHIBANAの後継船として、同社向け石炭輸送の中軸を担う。

船型は、商船三井と今治造船が共同開発したバラストタンク兼用ホールドが不要なホールドダブルハル構造を採用し、安全性と信頼性を高め、最新の環境保全・安全仕様を実現。また、専用設計によって、橘湾発電所への輸送量や揚げ荷役効率の最適化を図っている。

■主要目
全長:274.95m
全幅:47.00m
型深:22.50m
載貨重量:14万2883トン
建造場所:今治造船 丸亀事業本部
竣工:3月31日

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース