三菱商事、NTT/HERE社に出資、宅配、幹線輸送業者との提携検討

2020年06月02日 

三菱商事と日本電信電話(NTT)は6月2日、2019年12月に新設した在蘭持株会社(出資比率50%:50%)を通じ、2020年5月29日付でHERE Technologies社(HERE社)の株式30%の取得を完了したと発表した。

<各社持株関係>
各社持株関係

HERE社は、位置情報サービス分野の世界的なリーディング企業として、自動車業界で確固たる地位を築いてきた。近年は、運送、物流、メディア、通信等、幅広い分野にも位置情報プラットフォームを展開している。

三菱商事とNTTは、2019年12月にデジタルトランスフォーメーション(DX)による産業バリューチェーンの変革と新たな価値創出を目的とした業務提携に合意し、具体的検討を継続している。両社が進めるDXでの中核技術の1つとして、今後HERE社が有する技術基盤を活用し、物流・都市交通・リテイル・金融等におけるロケーションサービスの展開を進めていくとしている。

具体的な一例として、HERE社が有する世界最大規模の正確な位置情報データベースを活用し、車両の位置・運行状況等を適時に可視化の上、物流での最適ルートを提供するサービスの開発に取り組む。

今後需要が高まると予想される宅配(ラストマイルデリバリー)、および幹線輸送(ミッドマイルデリバリー)に携わる物流業者等との提携検討を進めており、年度内に複数の実証事業の開始をめざす。

その他、地方都市のスマートシティプロジェクトにおいては、新たなモビリティサービス(オンデマンドバス等)が注目されており、HERE社の持つ位置情報を集積し、事業者・利用者にとって最適な交通輸送手段の展開にも取り組む方針だ。

■HERE Technologies(HERE International B.V.)概要
本社所在地:オランダ・アムステルダム
創立:1985 年
事業内容:カーナビ用、BtoB事業者、自治体向け、デジタル地図及び位置情報サービスの提供

最新ニュース

物流用語集