エクスプローラ/「みちびき」で物流コンテナ等の駐車位置確認

2020年06月05日 

画像技術をコアにシステム開発を展開しているエクスプローラは6月5日、準天頂衛星システム「みちびき」を利用した実証実験で駐車位置確認システムの開発に成功したと発表した。

<日本の衛星測位システムみちびき 画像提供:内閣府宇宙開発戦略推進事務局>
日本の衛星測位システムみちびき 画像提供:内閣府宇宙開発戦略推進事務局

<「『みちびきのサブメータ級測位補強を付加した無線ICタグ』による物流管理」のコンセプト>
「『みちびきのサブメータ級測位補強を付加した無線ICタグ』による物流管理」のコンセプト

これは、内閣府と準天頂衛星システムサービスが公募する、みちびきの利用が期待される新たなサービスや技術の実用化に向けた実証実験に応募し、「『みちびきのサブメータ級測位補強を付加した無線ICタグ』による物流管理」が採択され、開発を進めていたもの。

エクスプローラは、この実証実験においてみちびきのサブメータ級測位補強サービス(SLAS)に対応した「無線ICタグ」と「駐車表示用スマホアプリ」を連携したトレーラシャーシや物流コンテナ(シャーシ等)の駐車位置確認システムの開発に成功した。

<従来の駐車位置確認のイメージ>
従来の駐車位置確認のイメージ

<みちびきSLASとGPSの精度の違い>

既存の港湾部でのシャーシ等の駐車管理は、管理人が目視で駐車位置の確認を行い、トラック運転手に駐車番号と車両番号を記載した手書きの札を渡すケースが多くある。

しかし、広い駐車場での位置管理は間違えが起こりやすく、またシャーシ等が指定の場所に駐車されてない場合はトラック運転手が管理人と⼀緒にコンテナを捜索することもある。配達期限などの制限のある輸送案件の場合、このような時間ロスは極力減らすことが求められる。

GPSを用いればこのような問題は解決できると考えられるが、既存の測位方法では10m程度の誤差があるため、シャーシ等の駐車位置を正しく示すことができず、またシャーシ等には電源がないため、常時測位を行うことができない。

<駐車位置確認システムの使用イメージ >
駐車位置確認システムの使用イメージ

そこで、エクスプローラはSLASに対応した「無線ICタグ」を開発した。この「無線ICタグ」は、低消費電力・長距離伝送を特徴とする無線規格「Sigfox」と組み合わせることで、シャーシ等に設置したまま3〜5年程度の電池駆動を実現することができる。

また、専用スマホアプリに駐車場の緯度経度を登録することで、駐車位置を表示することが可能となる。

今後は社会実装を目指した製品化設計を行い、2020年中に量産出荷開始を予定している。シャーシ等輸送時の駐車場での捜索時間や順番待ち時間の削減など物流業界におけるトラック運転手の負荷軽減を目指していくとしている。

最新ニュース

物流用語集