ファミリーマート、ユーグレナ/廃食油を配送車燃料に再利用

2020年07月31日 

ファミリーマートとユーグレナは7月31日、ファミリーマートの店舗で回収した廃食油を原料の一部に用いた「バイオディーゼル燃料」を、8月下旬からファミリーマートの配送車両で使用すると発表した。

<取り組み概要>

横浜市内にあるファミリーマートの一部店舗で回収した廃食油を、ユーグレナが横浜市鶴見区のバイオ燃料製造実証プラントで再利用し、微細藻類油脂と混合してバイオ燃料を製造。同燃料をファミリーマートへ供給し、横浜市内を走行している配送車両(1台)の燃料として使用する。

また、ファミリーマートは5月から横浜市内の一部店舗で廃食油(300l/月)を回収し、ユーグレナへ提供しており、9月からは同廃食油を旅客機等に用いるバイオ燃料の原料として使用する予定。

最新ニュース

物流用語集