セイノーHD等/ギグワーカー使い置き配サービス開始

2020年08月19日 

セイノーホールディングスとフェリシモは8月19日、業界初のLCC(Low-cost carrier)宅配サービス「OCCO(オッコ)」を開始したと発表した。

<置き配サービス「OCCO」ロゴ>

<LCC宅配スキーム図>

新サービスは、セイノーHDグループの全国幹線輸送ネットワークと、必要な時に必要な分だけ働くギグワーカーを中心とした柔軟なラストワンマイル配送パートナー網を組み合わせたLCCネットワークを使った置き配サービス。

セイノーHD子会社のココネットと、フェリシモ、電警によるジョイントベンチャーであるLOCCOを通じて4月から首都圏で提供を開始しており、順次エリア拡大を進めていく。

9月1日からは、フリーペーパーの配布を手がけるリビングプロシードをセイノーHDグループに迎えることで約1万人の配布員(ギグワーカー)を加え、ネットワークを強化する予定だ。

セイノーHDとココネット、フェリシモ、電警は、2019年からLOCCOを通じて、LCC宅配ネットワークの構築に向けた実験を進めてきた。2019年末に東京都内でフェリシモ会員向けに行われた実証実験では、利用者の利便性向上に加え、10%以上の物流コスト削減効果を実証している。

最新ニュース

物流用語集