国際物流総合研究所/WEBセミナーで製造業の最適物流解説

2020年08月21日 

国際物流総合研究所は8月24日から全4回にわたり、WEBセミナー「物流の見える化による最適物流の構築~引取物流の功罪」を開催する。

コロナ禍の不確かな状況の中で、特に「モノづくり企業」にとっては、事業継続は最優先課題であり、更にグローバルに展開しているサプライチェーンを如何に効率的に運用していくかは、企業間の垣根を超えた重要な課題となっている。

セミナーでは、国際物流総合研究所の安藤 康行シニア・フェローが、SCI(Supply Chain Innovation)の視点から3段階に分けて、モノづくりの視点から物流QCTを改善させることにより、持続的な成長のためのSupply Chainを維持するためにはどのような物流プロセス・体制を構築すべきかを解説する。

■セミナー概要
『製造業における物流の役割、また見える化とは』
~最適化・効率化のためには何が必要か?~
日時:8月24日(月) 16:00~17:00
参加費用:5,000円(税抜)
詳細・申込:https://www.e-butsuryu.jp/event/2801/

『具体的な引き取り物流を構築するためには何が必要か』
~準備しなければならないこと、メリットと課題~
日時:8月31日(月) 16:00~17:00
参加費用:5,000円(税抜)
詳細・申込:https://www.e-butsuryu.jp/event/2810/

『引き取り物流の効果を最大限にするための荷姿技術とは』
~荷姿の役割、また改善の考え方、具体的なケースの紹介~
日時:9月7日(月) 16:00~17:00
参加費用:5,000円(税抜)
詳細・申込:https://www.e-butsuryu.jp/event/2850/

『引き取り物流によって成し遂げられる最適化』
~効果を最大限にするための組織・プロセスなどの考え方~
日時:9月14日(月) 16:00~17:00
参加費用:5,000円(税抜)
詳細・申込:https://www.e-butsuryu.jp/event/2851/

※セミナーは「Zoom」を使用
※定員は各セミナー先着100名

■問い合わせ
国際物流総合研究所 事務局
メール:h.iwai@e-butsuryu.jp
TEL:03-3667-1571

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集