阪急阪神エクスプレス/マレーシア法人が8か所目の事務所開設

2020年08月31日 

阪急阪神エクスプレス(マレーシア)は9月1日、マレー半島東海岸に位置するパハン州の州都クアンタンに、マレーシア8か所目の拠点「クアンタン事務所」を開設する。

<事務所外観>

パハン州はマレー半島部最大の州で20万トン級の大型コンテナ船が着岸できるクアンタン港を有し、近年は著しく経済開発が進んでいる。

クアンタン事務所は、クアンタン港至近のゲベン工業団地内に海上輸出入貨物の取扱いを中心とする拠点として開設。大手自動車メーカーの KD(ノックダウン)部品物流全般をサポートするとともに、同工業団地に進出している日系企業をターゲットに、地域密着型のサービスを展開する。

■クアンタン事務所の概要
住所:Lot203D,Gebeng Industrial Estate,26080 Kuantan, Pahang, Malaysia
TEL:+60-3-8081-2388
営業開始日:9月1日

最新ニュース

物流用語集