日通/RFID×WMS、ハイファッション倉庫オペレーション開始

2020年09月01日 

日本通運は9月1日、電子タグ(RFID)を活用し、倉庫管理システム(WMS)を組み合わせたハイファッション向け倉庫オペレーションの運用を開始した。

<ハンディ―スキャナーとスマートフォン型端末>
ハンディ―スキャナーとスマートフォン型端末

<ハンディ―スキャナーでICタグをスキャニング>
ハンディ―スキャナーでICタグをスキャニング

RFIDの活用により、倉庫業務の効率化・省人化の推進や新たなオペレーションによるサービスの拡充を図るべく、RFIDと連携した新たなシステムを開発したもの。

その特長は、自社倉庫管理システムに電子タグの識字機能を持つことで、中間ソフト(ミドルウェア)を介さないシンプルなシステム設計としており、機器メーカーに依存しないオペレーション構築が可能となる。そのため、マテハン及びシステムは従来のRFIDを使用した倉庫管理システムよりも低いコストでの設備が可能となる。

独自のRFID調達ルートを構築し、リーズナブルな価格での電子タグ導入が実現する。

また、アパレル製品は少量多品種であり在庫管理が複雑だが、RFIDを活用することで、棚卸作業の効率が図れる。スマートフォン型(Android)端末の導入により、作業視認性の向上、専用アプリケーション開発に柔軟性を持たせることで、迅速な出庫オペレーションの実現や、顧客独自のビジネスへの柔軟な対応も可能となった。

今後、まずはターゲットをハイブランドとし、自社店舗を持つ小売業全般への展開を検討する。また、倉庫内オペレーションだけにとどまらず、ファミリーセールなど催事場での棚卸代行、RFID棚卸システムのレンタル、店舗用・催事会場の防犯ゲートのレンタルサービスなどの開発を実施する。

さらに、RFIDを使用した、EC向け真偽判定(トレーサビリティ)機能の開発を実施する。

最新ニュース

物流用語集