日本郵船など3社/アンモニア燃料タグボートの研究開発で協業

2020年09月03日 

日本郵船、IHI原動機、日本海事協会は8月18日、世界初のアンモニア燃料タグボートの実用化に向け、共同研究開発契約を締結した。

<アンモニア燃料タグボート 外観イメージ>

共同研究開発では、タグボートへのアンモニアの舶用燃料導入について、技術・運航の両面から研究開発を進める。2020年度は船体・機関・燃料供給システムを含む技術開発、安心安全な運航手法の開発といったテーマに取り組み、その後、それら研究開発の成果に基づく実用性評価を踏まえてアンモニア燃料タグボート建造に関する検討に着手し、建造検討の目途を付ける予定だ。

共同研究開発において、日本郵船は船体・燃料供給システムの研究・設計と、LNG燃料タグボート「魁」の運航経験も踏まえた運航手法の検証を、IHI原動機は機関・排ガス後処理装置の研究・設計を、日本海事協会はアンモニア燃料タグボートの安全性評価をそれぞれ担う。

アンモニアは燃焼してもCO2を排出しないうえ、再生可能エネルギー等で生成したCO2フリー水素を原料に使用することでゼロエミッション化を実現することができる。そのため、アンモニアの舶用燃料導入は、海運分野の脱炭素化に向けた現実的な解決策として大きな期待が寄せられている。

最新ニュース

物流用語集