フジトランス/内航RORO船が省エネ格付制度で最高評価

2020年09月09日 

フジトランス コーポレーションは9月9日、運航する内航RORO船「いずみ丸」が内航船省エネルギー格付制度で最高の星5つを獲得したと発表した。

<内航RORO船「いずみ丸」>

この制度は、国土交通省が内航海運のCO2排出削減目標達成に向け、船舶の省エネ・省CO2技術の性能を「見える化」する目的で運用開始したもの。船舶の環境性能を基準値から何%改善したかに応じて、星1つ(改善率0~5%)から5つ(改善率20%以上)までで評価する。

いずみ丸には、排ガス煤煙飛散防止装置や燃費性能の向上に効果のある電子制御式エンジンを搭載。2019年5月から関東~中国~四国~九州航路で運航している。

■「いずみ丸」概要
総トン数:1万3038トン
全長:165.0m
航海速力:約21.0ノット
積載能力:シャーシ52台
乗用車:1447台
主な装備:電子制御主機関、省エネラダーバルブ、排ガス煤煙飛散防止装置

最新ニュース

物流用語集