佐川急便/江東区・Xフロンティアで大規模中継センターが稼働

2020年09月29日 

佐川急便は9月29日、東京都江東区の次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」内に開設する大規模中継センターを報道陣に公開した。

<Xフロンティア外観>
Xフロンティア

中継センターは、首都圏に展開する営業所の物流ハブとなる拠点で、Xフロンティアの1~4階を使用して10月1日から部分的に稼働を開始する。現時点で半分程度の設備について据え付けを完了しており、残りの据え付けを経て、2021年1月の本格稼働を目指している。

新施設には、江東区や江戸川区に分散している5か所の中継センターを集約し、拠点間輸送を解消。また、トラックバースや駐機場の数を倍増して車両の処理能力を向上させたほか、マテハン設備による処理能力の向上で1時間あたりの処理能力を現状比5倍の10万個に引き上げており、これまでにない規模の高い処理能力によってスピード・品質・波動対応力の向上を実現した。

<荷降場に設置したコンベヤ>
荷降用コンベヤ

マテハン面は、佐川急便で初導入となる設備を含め、入荷や仕分けの工程で自動化を実現している。入荷工程では、到着バースにトラック1台あたり2本のコンベヤを設置。ドライバーによる荷降ろし作業を軽減するとともに、補助要員も削減でき、省力・省人化の効果が期待できる。

<クロスベルトソーターは1・2階と3・4階に計2本導入する>
クロスベルトソーター

<貴重品の仕分けを自動化するコンパクトソーター>
コンパクトソーター

<小物仕分け機>
小物仕分け機

仕分けエリアでは、同社初となるクロスベルトソーターを2基導入したほか、貴重品の取扱エリアでも同社初のコンパクトソーターを導入し、従来は人手に頼っていた工程の自動化を実現した。

<中継センター全域を管理するコントロールルーム>
コントロールルーム

これらのマテハン設備には監視カメラを搭載(全715台)しており、施設内に設けたコントロールルームから稼働状況や作業の進捗状況を確認することができる。

<シューターは出荷先ごとに色分けされている。写真の他にも黄や緑、オレンジなどがあった>
シューター

<床面に敷かれたシューターと同色のラインを辿れば、荷物をどこに運べば良いかが分かる>
佐川急便の中継センター

<試験導入中の自動フォークリフト>
自動フォークリフト

出荷エリアでは、シューターが出荷先の地域ごとに色分けされていた。床面にも同様に色分けされたラインが引かれており、荷物をどこに搬送すればよいかが一目で分かるように工夫されている。

出荷業務の自動化については、仕分けした荷物を出荷バースへ搬送する工程で自動フォークリフトやAGVなどの導入を検討しており、これらの機器を試験導入して効果の検証を進めている。

<Xフロンティア5階にある佐川GLのECプラットフォームセンターでは、オートストアの設置工事が進む>
オートストア

<オートストアは「佐川ブルー」に塗装した特注品。稼働は2021年3月を予定>
オートストア

<5階床面の開口部から下層階の中継センターに延びるクロスベルトソーター>
クロスベルトソーター

<Xフロンティア6階にあるSGムービングの美術倉庫>
美術品倉庫

<美術品の梱包作業室>
梱包作業室

<梱包の練習に用いる模造品の数々>
美術品

<商談等に用いるラウンジ>
SGムービング

Xフロンティアでは、佐川急便の中継センターに先行して、5階部分で4月から佐川グローバルロジスティクスのECプラットフォームセンターが稼働。中小規模のEC事業者に、従量課金制で最新ロボットを駆使したフルフィルメントサービスを提供している。

また5月には、法人向けの引越しや美術品などの輸送を手がけるSGムービングも、Xフロンティア内に本社と首都圏事業部のオフィスを移転し、業務を開始している。

今回、中継センターが稼働し、これらグループ企業のサービスと佐川急便のハブセンターが融合することで、同社のネットワークを活用した全国各地へのスピード配送が可能になる。Xフロンティアの全体稼働は2021年2月の予定。

■Xフロンティアの施設概要
所在地:東京都江東区新砂3-2-9
アクセス:東京メトロ東西線「南砂町駅」徒歩4分
首都高速湾岸線「新木場IC」3.3km、首都高速9号線「枝川IC」2.8km
敷地面積:7万3261m2
延床面積:17万1029m2
構造・規模:鉄骨造7階建て
竣工:2020年1月31日
入居会社(テナント除く):佐川急便、SGムービング、佐川グローバルロジスティクス、SGHグローバル・ジャパン

最新ニュース

物流用語集