西濃運輸/労災川柳コンテストで労災防止意識を向上

2020年10月19日 

西濃運輸は10月19日、従業員一人ひとりの労働災害に対する意識を高め、禁止行為・遵守事項等、ルールを再確認することを目的として「労災川柳コンテスト」を開催しその結果を発表した。

<受賞作>
受賞作

最優秀賞は横浜南支店従業員の「安全は 自分自身が 責任者」。受賞者は「常に確実な安全作業を行うには、自分自身が責任ある行動を取らなければならないという思いから、今回の川柳に応募しました。これからも労働災害を起こさない強い信念を持って、行動していきたいと思います」とコメント。

優秀賞では、長浜支店従業員の「しっかりと かぶれば疲労 減るメット、茨木支店従業員の「気を抜くな 慣れた場所こそ 危険個所」、尼崎支店従業員の「確認を 怠りわが身に 倍返し」が選ばれた。

「労災川柳コンテスト」は、労災防止に向けた取り組みとして、今回初めて実施したもので、9月1日~9月9日までの応募期間中に、西濃運輸全社内の約1万4000人から応募が集まった。その後、応募作品の中から、全社投票に進む14作品が選ばれ、10月1日~10月13日の期間で、全従業員による全社投票が行われた。投票の結果、最優秀賞1作品、優秀賞3作品、佳作10作品、特別賞14作品に決まった。

最新ニュース

物流用語集