CRE/首都圏2か所で物流施設開発用地取得、土壌汚染地を再生

2020年10月30日 

シーアールイーは10月30日、神奈川県厚木市と千葉県白井市で物流施設開発用地を取得したと発表した。

神奈川県厚木市の土地は神奈川県内陸工業団地内に位置しており、圏央道「相模原愛川IC」から3.2km、国道 129号線(厚相バイパス)から至近の立地。敷地面積は1万m2で、延床面積1万8000m2~2万m2の施設建設を予定している。

千葉県白井市の土地は白井工業団地内に位置し、常磐自動車道「柏IC」と東関東自動車道「千葉北IC」を国道16号線で結ぶ中間地点に立地。敷地面積は1万7000m2で、延床面積2万m2~3万3000m2の施設建設を予定している。

両施設は、特定企業専用のオーダーメイド型施設として開発することにも対応可能となっている。

2か所の土地は、グループ会社の土地再生投資(LRI)を通じて取得したもの。同社は土壌汚染地の取得と再生を専門とする企業で、今後はLRIがそれぞれの土地で既存建物の解体と土壌汚染対応を行った後、シーアールイーが物流施設の開発プロジェクトを推進する。

■厚木市上依知開発計画 概要
所在地:神奈川県厚木市上依知字上ノ原
敷地面積:1万032m2
用途地域:工業専用地域
延床面積:1万8000~2万m2(予定)
着工:2023年春頃
竣工:2024年夏頃

■白井市中開発計画 概要
所在地:千葉県白井市中
敷地面積:1万6792m2
用途地域:工業専用地域
延床面積:2万~3万3000m2(予定)
着工:2021年秋頃
竣工:2022年秋頃

最新ニュース

物流用語集