三菱地所/千葉・神奈川で2棟計6.79万m2の物流施設着工

2020年11月30日 

三菱地所は11月30日、千葉県船橋市と神奈川県座間市でそれぞれマルチテナント型物流施設「ロジクロス船橋」と「ロジクロス座間小松原」を着工したと発表した。

両施設はいずれも大都市圏に至近で、高速道路や主要道路に近接。加えて、近隣に人口集積地を抱え、雇用面での優位性も有している。2物件の着工で、三菱地所による物流施設の開発実績は累計21棟・延床面積167万m2となる見込み。

<ロジクロス船橋の完成予想図>
ロジクロス船橋

ロジクロス船橋は地上4階建て延床面積2万3700m2で、2021年12月に竣工予定。同施設は、京葉道路と東京湾岸道路にアクセス可能で、首都圏内陸部への高い広域配送機能が見込まれる。

トラックバースには荷受け室を実装し荷受業務の効率化を図るほか、床荷重1.5トン/m2、梁下天井有効高5.5m以上、柱スパン10m以上と、汎用性の高い仕様を計画している。

また、停電時に共用部エリアや一部倉庫エリアなどを24時間以上使用可能にする非常用発電機を採用し、BCPにも配慮する。

<ロジクロス座間小松原の完成予想図>
ロジクロス座間小松原

ロジクロス座間小松原は地上4階建て延床面積4万4200m2で、2022年1月に竣工予定。高速道路は東名高速道路と圏央道を利用できる。

建物は、床荷重1.5t/m2、梁下天井有効高5.5m以上、柱スパン10m以上を備えた汎用性の高い仕様とし、4階は一部柱スパンを飛ばして、作業性やレイアウト性の高い空間を提供する。1フロアあたり最大4分割が可能で、各区画にはカゴサイズの大きな荷物用エレベーターを各1基設置し、効率的な倉庫内オペレーションをサポートする。

■施設概要
「ロジクロス船橋」
建設地:千葉県船橋市南海神1
アクセス:京葉道路「船橋IC」0.5km
東関東自動車道「湾岸市川IC」1.8km
京成本線「海神駅」徒歩17分
京葉線「二俣新町駅」徒歩20分
敷地面積:1万1700m2
延床面積:2万3700m2
構造:S造、地上4階
用途:マルチテナント型物流施設
着工:10月17日
竣工:2021年12月24日(予定)

「ロジクロス座間小松原」
建設地:神奈川県座間市小松原2
アクセス:東名高速道路「横浜町田IC」6.5km
圏央道「県央厚木IC」7.7km
小田急線「相武台駅」徒歩27分
小田急線「南林間駅」徒歩30分
敷地面積:2万1900m2
延床面積:4万4200m2
構造:S造、地上4階
用途:マルチテナント型物流施設
着工:11月1日
竣工:2022年1月末(予定)

最新ニュース

物流用語集