DHL/マレーシアで医療品や海上船舶への物資輸送にドローン活用

2020年12月15日 

DHL Express MalaysiaとマレーシアのAerodyne(エアロダイン)Groupは12月15日、ドローン配送の実用化に対する評価と、ライフサイエンスや海上サプライチェーンでのドローンを活用したビジネスモデル構築を目指し業務提携契約を締結したと発表した。

<エアロダインのカマルル・A・ムハメッドCEO(左)、DHL Express Malaysia and Bruneiのジュリアン・ネオ マネージングディレクター(右) >
20201215aero 520x313 - DHL/マレーシアで医療品や海上船舶への物資輸送にドローン活用

両社はパートナーシップの構築にあたり、東マレーシアでの医療関連物資の輸送課題の改善ニーズや、マラカン海峡を航行する船舶への必需品の輸送に対してドローンのニーズがあることを確認している。

DHL Express Malaysia and Bruneiのジュリアン・ネオ マネージングディレクターは「ドローン技術は、ロジスティクスの未来、特にマレーシアの企業にとって重要な役割を担っている。DHLでは、DXの一環として新しい技術とその実用的な運用方法に積極的に関心を持ち、サービスを提供する地域社会の多様なニーズをサポートできるようにしている。エアロダインとのパートナーシップは、DHLがドローンによる配送を実現するための大きな一歩となる」とコメント。

また、エアロダインのカマルル・A・ムハメドCEOは「DHL Expressとのパートナーシップは、マレーシアやその他の国々でのドローン配送サービスの実現に向けて、時宜を得たものだと考えている。このコラボレーションは、ドローンサービスに関する規制についての政策提言を行う弊社の活動を強化し、弊社の先進的なドローンとデータ技術の躍進にさらなる拍車をかけることになるでしょう」と述べた。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集