CEC、ZMP/物流ロボットとバース管理システム連携で協業

2021年01月14日 

シーイーシー(CEC)とZMPは1月14日、「LogiPull(ロジプル)」のバース管理システムと物流支援ロボットのCarriRoシリーズを連携した新サービスの開発で協業すると発表した。

<物流ロボットとバース管理システムの連携イメージ>
20210114ceczmp 520x327 - CEC、ZMP/物流ロボットとバース管理システム連携で協業

今後両社は物流現場の人手不足解消のため、ICTを活用した省人化や自動化に向けた共同開発に取り組み、随時サービスを提供していく。

従来、物流搬送システムとバース管理システムは別々に運用されていた。そのため、トラック到着後のバース到着位置や入出庫荷物の確認、物流ロボットへの指示を人手で対応する必要があった。そこで、ZMPとシーイーシーは、トラックの入出庫情報と搬送ロボットをシームレスに連携させ、人手を介さず入荷・入庫から出荷に至る物流現場の効率化を実現する。

具体的には、入荷時はトラックのバース到着を検知し、無人フォークリフトに対してバース位置及び荷下ろし情報を送信。入庫時には無人フォークリフトが自動でトラックから商品を荷下ろしし、台車型搬送ロボットに積み替え。台車型搬送ロボットが倉庫・工場内の格納エリアに荷物を自動で搬送する。

また、出庫時は出荷予定時刻に合わせて出荷対象の荷物を台車型搬送ロボットがバースまで搬送。出荷時には無人フォークリフトが自動でトラックに荷物を積み込む。

連携により、共通のクラウドプラットフォームであるROBO-HI(ロボハイ)ロジマネによって、統合制御され、全体の運用の可視化、そして相互の協調動作もスムーズかつコストを抑えて導入が可能となっている。台車型搬送ロボットとの連携から着手し、2021年4月頃の提供を予定している。

併せてCarriRoイノベーションセンターでの実証や顧客向けの連携サービスの見学会も随時予定。

なお、ZMPは物流ロボットとして、台車型物流支援ロボットCarriRo、無人フォークリフトCarriRo Fork、無人けん引車CarriRo Tractorを展開し、倉庫・工場内におけるあらゆる搬送シーンを無人化するソリューションをワンストップで提供している。

シーイーシーはトラック待機時間や入出荷作業負荷の増大、荷待ちによる待機車両の解決のため、工場・物流センターのバース(積み下ろしを行うスペース)管理の効率化を支援している。バース管理システムは、トラック積み下ろしの課題解決やホワイト物流実現のために近年非常に需要が高まっている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集