NEXCO中日本/グループ会社の料金収受スタッフがコロナ陽性

2021年01月14日 

中日本高速道路(NEXCO中日本)は1月14日、グループ会社の中日本エクストール名古屋で、料金収受スタッフの50代男性1名が新型コロナウイルスの陽性と確認されたと発表した。

この男性は、名古屋第二環状自動車道の清洲JCT第二料金所(愛知県清須市)、甚目寺北料金所(同あま市)、清洲西料金所(同清須市)、清洲JCT第一料金所(名古屋市)、甚目寺南料金所(同あま市)の計5か所で料金収受業務を行っていた。1月11日にPCR検査を実施、翌12日に陽性と判明し保健所から自宅療養の指示を受けている。

また、保健所による調査では料金収受スタッフの中に13名の濃厚接触者を確認し、1月12日から自宅待機を指示している。

なお、陽性が確認された男性が勤務していた各料金所は消毒作業を完了し、通常稼働している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集