三菱倉庫/GDP対応の医薬品保冷配送を全国に拡大

2021年01月28日 
関連キーワード:

三菱倉庫は1月28日、医薬品流通過程の品質管理基準「Good Distribution Practice(GDP)」に対応した医薬品保冷配送サービス「DP-Cool」の配送エリアを沖縄に拡大すると発表した。

2021年夏までに、医薬品専用の海上コンテナ「DP-Coolコンテナ」を沖縄向け保冷医薬品の輸送に投入し、沖縄向けのサービスを開始する予定。現在は北海道、本州、四国、九州の各エリアで提供しており、これに沖縄を加えることで、提供範囲を全国に拡大する。

DP-Coolは、医薬品専門運送子会社のDPネットワークとともに展開している厚生労働省の「医薬品の適正流通(GDP)ガイドライン」に対応した医薬品保冷配送サービス。

DPネットワークの配送拠点から医薬品卸会社への直接配送によって温度異常のリスクを低減しているほか、輸送中の温度をDPネットワークの温度モニタリング・トレーサビリティ・センターで監視し、記録を保存するなど、厳格な温度管理を実施している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集