山九/マレーシアに海外初となる人材育成センター設立

2021年01月28日 

山九は1月28日、2022年4月にマレーシア、ジョホール州に海外で初となる人材育成センターを開設すると発表した。

<「SANKYU TECHNICAL ACADEMY」完成イメージ>
20210128sankyu 520x293 - 山九/マレーシアに海外初となる人材育成センター設立

人材育成センターの名称は「SANKYU TECHNICAL ACADEMY」。同社グループの海外でのプラント建設やメンテナンス、物流といった業務がこの数年急拡大を続けており、高度技術・技能への対応や、既存サービスレベルの高度化が急務となっている。

そういった中、このセンターを開設し、将来に向けた高度な技術・技能を有する人材の確保並びに育成、自社技術・技能の高度化を通して、日本を含めた世界で活躍のできるグローバルな技術・技能集団の育成を目的としている。

立地はセナイ国際空港より車で30分、シンガポール チャンギ空港からも車で60分程度と抜群のアクセスの良さを誇る。

施設は実習場を備えた研修棟や事務所棟、宿泊棟を備え、同社の海外現地法人社員を対象に、技術の高度化を目的としたメンテナンス研修や、技能の高度化を狙った機械整備研修など34講座を計画、年間延べ人数として約3000人の研修生受け入れを予定している。

また、溶接競技大会や仕上げ大会、フォークリフト大会などの競技大会も実施予定という。

■施設概要
名称:「SANKYU TECHNICAL ACADEMY」
開設時期:2022年4月
住所:マレーシア国 ジョホール州ジョホール・バル イスカンダルプテリ市 MEDINI 開発区「Plot11」区画
敷地面積:1万6794m2
施設面積:7560m2(研修棟 4140m2、事務所棟 2000m2、宿泊棟 1420m2)
研修内容:階層別研修、安全教育、品質教育、技術研修、技能向上研修、競技大会など

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集