ロジランド/埼玉県加須市にセンコー専用3万m2の物流施設竣工

2021年02月15日 
関連キーワード:

ロジランドは2月15日、第1号物件として埼玉県加須市に建築していた物流施設「LOGI LAND加須」を2月1日に竣工したと発表した。

<「LOGI LAND加須」外観>
20210215logiland 520x390 - ロジランド/埼玉県加須市にセンコー専用3万m2の物流施設竣工

<「LOGI LAND加須」内観>
20210215logiland2 520x347 - ロジランド/埼玉県加須市にセンコー専用3万m2の物流施設竣工

「LOGI LAND加須」は、地上3階建て延床3万m2の物流施設で、浅井謙建築研究所が設計監理を、塩浜工業が施工を担当。一棟貸倉庫として、センコーに2月1日に引き渡しされ、運用を開始。

立地は、「大利根野台テクノタウン」に隣接しており、国道125号線から車で約500mに位置している。物流拠点としての優位性では、栗橋大利根バイパス開通により東北自動車「加須」ICから「LOGI LANDO加須」まで約3.8㎞、片道2車線道路、所要時間約5分となり、同ICを経由し東北道はもちろん、圏央道により関越道、中央道、東名高速への広範囲なネットワークでの配送が実現出来る。最寄り駅は東北本線の「栗橋」駅より約3㎞。

「LOGI LAND加須」は、開発前は、同業他社も目を止める立地条件を備えていたものの、接道要件等がネックとなり開発を断念するケースが多かった中、ロジランドは地権者や農業員会、久喜市、加須市及び関係省庁と協議同意を得て、道路拡幅整備を行い、搬入経路を確保することにより物流施設を開発する道筋を付けた。また、敷地内外に従業員駐車場を設ける等、倉庫運営者に寄り添った「利用し易い施設」を実現した。

ロジランドは、このほかに、「LOGILAND春日部Ⅰ」「LOGILAND羽生Ⅰ」等、全国6物件の開発に着手しているほか、引き続き、関東、関西、中部、九州を中心に約5,000~10,000坪の中規模の開発を年間300億円程度手掛けていく方針で、コンセプトの一つである、テナントに寄り添った使い勝手の良い物流施設を最適地・適性賃料で提供していくとしている。

■物件概要
名称:LOGI LAND加須
所在地:埼玉県加須市間口2000
アクセス:東北本線「栗橋」駅 約3㎞
延床面積:3万145.40m2
構造・規模:鉄骨造/地上3階建
設計監理:浅井謙建築研究所
施工:塩浜工業
竣工:2021年2月1日

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集