鴻池運輸/鴻池技術研究所イノベーションセンターを開設・公開

2021年03月03日 

鴻池運輸は3月3日、最新自動化機器の開発・導入実験、国内外のスタートアップ技術の実証実験など、物流現場での技術イノベーションを加速させる「鴻池技術研究所イノベーションセンター」(略称:技研IC)を開設し、公開した。

<技研ICの入居している東京レールゲートWEST>
20210303konoike1 520x368 - 鴻池運輸/鴻池技術研究所イノベーションセンターを開設・公開

<右から鴻池忠嗣取締役兼専務執行役員、鴻池忠彦社長、鴻池技術研究所の則竹茂年所長>
20210303konoike2 520x390 - 鴻池運輸/鴻池技術研究所イノベーションセンターを開設・公開

<作業フロー図>
20210303konoike3 520x302 - 鴻池運輸/鴻池技術研究所イノベーションセンターを開設・公開

<注目の自動フォークリフト>
20210303konoike4 520x347 - 鴻池運輸/鴻池技術研究所イノベーションセンターを開設・公開

オープンイノベーション拠点として昨年4月より準備を進めていたもので、施設は東京都品川区八潮の東京レールゲートWEST6階に位置する。

鴻池運輸の鴻池忠彦社長は「現場力の強さが当社の特長。その分、これまで作業を標準化して効率化することが難しかった。技研ICでは、鴻池運輸が長年にわたり物流業・製造業・サービス業の多種多様な現場で培ってきた豊富な知見やノウハウに、最先端の自動化技術を掛け合わせることにより『人と技術のハイブリッド』が創り出す持続可能な現場の実現とその水平展開を目指している。少子高齢化による若年労働者の不足、コロナ禍による、海外からの技能実習生の来日も困難になっている今こそ人と機械のハイブリッド化で人材の流動化を推し進める時だと考えている」と述べた。

また、鴻池忠嗣取締役兼専務執行役員は「KONOIKE グループは新技術導入によるデジタルトランスフォーメーション(DX)など技術革新の取り組みを活発化している。世界中のスタートアップ企業とも連携して革新的な技術の採用に向けて動いている。技研IC開設を機に、自動化・省力化の取り組みを加速させ、業務の効率化、労働環境の改善を推進することで、さらなる「現場力」の強化に努めていきたい。また、もう一つの大きな柱が安全ということ。これまでフォークリフト運転中の事故もあり、人と機械のハイブリッド化を推進することで、より安全なオペレーションを目指したい」と話した。

技研ICでは、同社が長年にわたり物流業・製造業・サービス業の多種多様な現場で培ってきた豊富な知見やノウハウに、最先端の自動化技術を掛け合わせることにより「人と技術のハイブリッド」が創り出す持続可能な現場の実現とその水平展開を目指し、3つの役割を担う。

「多岐にわたる作業現場を再現し、実効性確認後に現場へ導入」し、日常業務を止めることなく、新技術・自動化機器を確実に導入する。

また、「社員、顧客、ベンダーそれぞれが新技術に触れる機会を増やし、オープンイノベーションを加速」する。新技術に触れる機会を創出し、新たな気付きや課題を得てさらなる現場改善策につなげる。

3点目が「顧客を巻き込んだ技術革新拠点」として、現場の課題を解決し、最適な物流現場を実現する新技術を顧客とともに開発する。

技研ICのメンバーは8名。鴻池忠嗣専務は今後大阪にも拠点を作りたい希望はあるが、今の所計画はないと話した。

今回、実証実験する自動化機器は、「自動フォークリフト・ZMP社製」「ピッキングエリア内の自動搬送ロボット・Rapyuta Robotics社製」「棚ダンボールピッキング・自動搬送ロボット・inVia Robotics, Inc.社製」「多品種ピースピッキングのロボットアーム・THK社製」「カゴ車自動搬送ロボットと制御ソフト・トピー工業社製、日本電気社製ソフトにより制御」。

<棚ピッキング補助ロボット>
20210303konoike5 520x347 - 鴻池運輸/鴻池技術研究所イノベーションセンターを開設・公開

<棚ダンボールピッキング・自動搬送ロボット>
20210303konoike6 520x347 - 鴻池運輸/鴻池技術研究所イノベーションセンターを開設・公開

<多品種ピースピッキングのロボットアーム>
20210303konoike7 520x347 - 鴻池運輸/鴻池技術研究所イノベーションセンターを開設・公開

<カゴ車自動搬送ロボット>
20210303konoike8 520x347 - 鴻池運輸/鴻池技術研究所イノベーションセンターを開設・公開

■概要
名称:鴻池技術研究所イノベーションセンター
所在地:東京都品川区八潮3-3-22 東京レールゲートWEST6階
延床面積:676.5m2

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集