日本GLP/名古屋で4.4万m2物流施設着工、感染予防で対策

2021年03月03日 

日本GLPは3月3日、名古屋市守山区に建設する先進的物流施設「GLP名古屋守山」の起工式を行った。

<「GLP名古屋守山」完成イメージ>
20210303glp 520x317 - 日本GLP/名古屋で4.4万m2物流施設着工、感染予防で対策

「GLP名古屋守山」は地上4階建て延床面積4万4000m2のマルチテナント型物流施設で、2022年4月末に竣工を予定している。

東名高速道路「守山スマートIC」から2.4kmと至近で、東名・名神高速道路を用いた東西への広域配送に加え、名古屋市市内への配送拠点としても適した立地。周辺エリアに豊富な労働人口を有しており、雇用確保にも優位性を持つ。

施設面の特徴としては、感染症予防対策としてセンサーを用いた非接触型のエレベーターや自動ドアを積極的に採用。自動化・省人化への備えとして、使用電力の増加に対応できる電力容量を有している。

また、サステナビリティに配慮した建物として、太陽光発電設備を設け館内で再生可能エネルギーを使用するほか、省エネに向けて倉庫エリアに人感センサー制御のLEDを採用する。

BCPの観点では、南海トラフ地震の影響が少ないエリアと想定される立地でありながら、非常用発電機容量の増強を図るなど、万全の対策を採用。停電時は、荷物用エレベーターの稼働やフォークリフトの充電が行えるほか、庫内照明の30%を利用できる明るさを確保し、オペレーションに支障なく、安心・安全な施設運営を可能にする。

<起工式にて鍬入れをする日本GLP帖佐社長>
20210303glp1 520x319 - 日本GLP/名古屋で4.4万m2物流施設着工、感染予防で対策

日本GLPの帖佐 義之社長は「GLP名古屋守山」の着工にあたり、「名古屋市内陸部では希少なマルチ物件で、広域・エリア配送の物流拠点として最良のロケーションであり雇用確保の面でも恵まれた物件。汎用性が高く、さまざまな業種の物流オペレーションに適し、ラストワンマイルの需要にも対応することができる。中部圏での先進的物流施設への需要は強く、今後も投資機会をとらえて積極的に展開していきたい」とコメントしている。

■GLP名古屋守山
建設地:名古屋市守山区大字中志段味下定納80
敷地面積:2万6000m2
延床面積:4万4000m2
構造:地上4階建て、耐震S造
着工:2021年3月
竣工:2022年4月末(予定)
認証取得:CASBEE(新築)認証(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集